arrows MAGAZINE

arrows研究所

2016.06.21 Tue

arrows研究所 第51回

巷で話題のVRをarrowsで楽しんでみた!

こんにちは!
I川です。

また例のものが机の上に置いてあったんですよ。
これです。これ!

この御触書とVRって言葉が正反対のところにあるような気がして、ちょっと笑えてくるのは私だけでしょうか…

あいかわらずK崎主任の正体は不明ですが、そこはさておき、主任の命令なので素直に従うことにしました。

でも、なぜarrowsとVR?????

とりあえずVRについて少し調べてみました。

VRとはVirtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略称で、仮想現実とも呼ばれています。現実ではないが、あたかも現実かのように感じられる環境をコンピュータなどによって人工的に作り出す技術のことです。

そのVRを体感できるヘッドセット(スキーやスノーボードのゴーグルみたいなもの)を各社が開発しており、それをつけ映像を見ることで、自分があたかもその映像内にいるような感覚になれます。

また、体感できるイベントやアトラクションも各地でやっており、盛り上がりをみせています。

ふ~ん!
確かにちょっと楽しそうだな。

でもarrowsとVRの関係がわからない…

こんな時は岡Dさんに相談だ!

I川:岡Dさん、主任が今度はVRをarrowsで楽しめって言ってるんですけど、どうやって楽しめばいいんでしょうか?

岡D氏:あ~VRね。それはね、多分VRのヘッドセットにarrowsをつけて楽しめってことだと思うよ

I川:ヘッドセットにarrowsをつける?ってどういうことですか?

岡D氏:今、スマホをセットすると簡単にVRを体感できるヘッドセットが売ってるんだよ

I川:そうなんですね、早々買ってみます。ありがとうございます!

早々ネットで検索して購入してみた。
数日後、ヘッドセットが到着。

開けてみると、双眼鏡のようなものがでてきました。
上にはボタンみたいなものがあり、覗いてみると外がぼやけています。

前方にはスマホを取り付ける場所があるだけで、あとは特になにもなく、下には画面を操作できるように穴が空いています。

取扱説明書に従い、QRコードでアプリをダウンロードして、スマホをセットしていざ体験!

ん!

うお~すげ~

立体的に見える~

しかも360度どこでも見れる~

自分が鳥と一緒に空を飛んだり、巨大なクジラが自分の横で飛び跳ねたり、世界の都市を見て回ったり、宮殿を観光できたりと色々なことができて
あまりにも楽しく30分ぐらい遊んじゃいました…

その後ちょっと冷静になり、なぜこんな立体的に見えるのだろうという疑問が浮かんできた…

そこでヘッドセットからスマホの映像を見てみるとなんとびっくり!
映像が2つに分かれているじゃありませんか。

なんで2つに分かれているんだろう?
疑問ばっかりだ…

ちょっと調べてみたところ、両眼立体視というものを利用して、左右に別々の映像を見せることで立体的に見えるということらしいです。
そういえば昔、緑と赤のサングラスつけると画像が立体的に見えるっていうものありましたよね。簡単に言うとあれの動画バージョンらしいです。

ん~ん!世の中はどんどん発展していますね。
今はVRを体感できる映像もどんどん増えてますし。
皆さん本当に面白いので、まだ体験していない方は自分にあったヘッドセットを購入して、VRを楽しんでくださいね~!

VRを楽しむときは画面解像度が高いarrowsで体験するとより、リアルに楽しめすよ~

それではまた来週~